2010年08月05日

オコゼに刺されダイバー死亡

ダイビングをする者としてはちょっとショックなニュースが。

沖縄県の名護市でダイビングインストラクターがオコゼに刺され、心肺停止状態になり、間もなく死亡したというもの。

オコゼは岩に擬態しているため気付かないこともありますが、左足を刺されたと証言していたようで、誤って踏みつけてしまったのかもしれません。

オコゼは猛毒を持つといわれていますが、全国的にもオコゼの毒で死亡するのは極めて稀だということです。

くれぐれも安全な装備でダイビングするように、改めて考えさせられました。
posted by スガヌマ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。