2009年01月30日

万能ワクチン開発

昨日からテレビや新聞をにぎわしている、インフルエンザに対する万能ワクチンが開発されたという。動物実験レベルでは、すでにパンデミックの恐れがある鳥インフルエンザの亜型にも効果が見られたというから、随分と希望の持てる話ですね。

しかし、日本の場合はこれから先の認可までが相当時間がかかることでしょう。そして何よりも問題なのは、ジャーナリストの櫻井よし子氏によれば、現在子供用のドライシロップの備蓄がほとんどされていないという。子供が大量に罹患したらどうするのか?という備えが全くされていないという現状には、そら恐ろしいものを感じます。

子供がインフルエンザに罹患したら、満足な治療薬がないかもしれない、そう考えると大人以上にインフルエンザの予防に力をいれてあげる必要がありますね。
posted by スガヌマ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113385439

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。