2009年01月20日

耐性Aソ連型インフルエンザにはタミフルではなくリレンザを

2009年1月19日(月)、体調不良のために近所の循環器科へ診断を受けに行きました。結果は、何型かははっきりと分からなかったのですが、熱が39.2度あったこと、関節痛がひどかったことから、インフルエンザと見て間違いないとのことでした。

念のために肺炎ではないことを確認するために、レントゲンまで撮られまして。

今年のAソ連型はタミフルに耐性をもっているらしく、処方された薬はリレンザという薬でした。
インフルエンザ治療薬としては、ややマイナー感があるグラクソ・スミスクライン社のリレンザは、カプセル型のタミフルとは違い、粉末を吸入するタイプです。

粉末を吸入するのですが、1回あたりの吸入量が少ないリレンザなので、本当に体内に入っているのかどうか不安になるのですが、1日経って少し楽になったので、ウイルスには効いているんでしょう、リレンザが。
posted by スガヌマ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112905947

この記事へのトラックバック

インフルエンザ ワクチン
Excerpt: インフルエンザ予防に!【特許出願中】シアル酸たっぷり「ツバメの巣」のど飴(63個入り)【送料無料】 【無添加・国内生産】【あす楽対応_九州】 【あす楽対応_四国】 【あす楽対応_中国】【あす楽対応..
Weblog: 今日の主な業界ニュース速報
Tracked: 2009-01-20 21:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。